離婚の原因で多いのはどういうのがあるか

離婚の原因は色々ありますがその中でも特に多いのがお互いの本性が分かった事で生じる不仲というのがあります。よく離婚の原因として言われるのがお互いの価値観の相違というのがあります。

 

ですが、実際はそうではなくて価値観なんて最初から違っていて当たり前です。
もしお互いの価値癌がばっちり合致していればなんの苦労もないです。

 

でも後になってそういう事を言うのはそうでも言わないと離婚の原因としてお互いの本性が分かって、それで嫌になって離婚したとは言いたくないです。

 

ですから、多くの人はなんとなくお互いの価値観が合わないという事を言ってそれで離婚をしたと言って離婚の原因を誤魔化しています。

 

ですが実際はそういう事でなくほとんどの場合は付き合っていた時には気づかなかった事が結婚をしてから明らかになってそれで幻滅して段々不仲になってお互いの顔を見るのも嫌になって離婚の準備を始めるという事が多いです。

 

なので世間で言われるような性格の不一致という事を言うのはめちゃくちゃな理由です。